婚約者の愛について少し言及している限り

そして、そのような長い間、琉生は自然にそれほど幸運になることはありません、問題がないたびに、下痢は暗闇に引っ張られ、状況もあります!時間が経てば、颯真は自然にこれ以上自分自身を虐待することはなくなり、それはまた検証されて問題がない場所にもなります。彼女と咲希が今いるところは、こんな感じです!実際、颯真は知りませんでした、咲希は彼女をよく訪ねた家に連れて行きました!真実によると、唐紫海はそれを知るべきではありません!それほどスマートになるのはとても難しいです。
「なぜ、この質問に答えるのはそれほど難しいのですか?」

咲希は彼が質問をしたことを知った後、颯真は質問に答えなかった代わりに、彼は瞑想しているようでした!それは彼が今抱えていた問題です、それはとても難しいですか?それでも、彼は琉生に良い思い出ではないものに触れましたか?
彼女は女の口から颯真の胃があまり良くないようであることを知っていますそれが起こる前に私はそのようなことがあったはずです!
「量は、何も、何もない!要するに、この店は大丈夫です!」
颯真は咲希の言葉を聞いて神に戻ってきましたが、彼女が今考えていたことは言うまでもなく自然なことではありませんでした。咲希も颯真の顔に束縛を見ました、そして、あまり尋ねませんでした!
「あなたが好きなら、私たちはここに頻繁に来ることができます!あるいは、あなたはより良い場所のいくつかを探検することができます!」
咲希は、颯真が一部の食品用に特別に作られていることを知っています。

これが、颯真がここで選ぶ理由です。しかし、咲希はどのように彼女をここに連れてくることができますか?結局のところ、この店は本当に有名です!しかし、咲希は高級な雰囲気の高級レストランに行くべきではありません。
「最後にもう一度尋ねます。ここで食べてもよろしいですか?」
琉生はメニューを取り、唐結衣を見て、それが確認する最後の時間のようです!
「私たちはみんな座っています、あなたは何と言いますか?」
咲希は忍耐力の痕跡を持っていなかったが、代わりに颯真の笑顔を見て笑った。
「さて、あなたが食べたいものを見てください!」

咲希がすでにこれを言っているので、颯真は再び何を言うことができます!誰かが彼女のためにお金を節約します、それは良くないですか?しかしそれについて言えば、咲希は本当に彼女のためにお金を節約したくないので、私はここに来ることにしますか?
「さあ、私はうるさい食べる人ではない、私は信じて、あなたは注文すべきだ、私はそれが好きなはず!」

咲希は颯真が手渡したメニューを拾わなかったが、直接それを颯真の前に押して、颯真が直接それを注文することを示した!琉生は唐結衣を見て、主張しなかった、メニューを見下ろして注文し始めた。咲希はこれまで一度もそのような場所に行ったことがなかったので、ここで何がおいしいのかわからないはずです。彼女の命令を聞かせて、それは正常です!そう考えると、颯真の心はほっとし、食べ物を注文する動機は非常に高まりました。メニューを反転する必要はありません、直接注文を開始するためにウェイターに来ました!結局、彼女は何度もここにいました、そして彼女は彼女の心の中で何がおいしいのかを知っています。

メニューをひっくり返してウェイターにいくつかの名前を付けた後、颯真は咲希を見上げて見ました。
「これで十分ですか。何も追加しないでください」


泣きたいという心は、咲希がうなずきました。
咲希の言葉は、颯真の心を非常に満足のいくものにし、また咲希の裕福な人々のような人々はたくさんのお金を使うべきだと考えました。終わりはしばしば無駄になります!彼らは本当にこのお金を気にしませんが、それはそれの無駄です!しかし、颯真は咲希がそのようなことを言うことを期待していませんでした!これは咲希の心が常にそのような考えであったということを意味しますか!助けることができない、琉生の心の中の咲希の印象ははるかに良いです!
もちろん、これの前に、咲希は颯真が前に考えたほど多く無駄にしませんでした、しかし誰が彼に口の中で颯真の好みのいくつかを知らせました!それは琉生が好きなものであるので、それから彼は将来的にもっと自然にもっとやるべきです!そして琉生が好きではないそれらの事、彼は将来的に絶対に触れないでしょう!この食事は、それらの両方が食べることは非常に快適です、唐結衣はちょうど颯真の反対側を見て、それは十分です!もともと心配していた颯真は、咲希にとても悩んでいました。結局のところ、今日の後、彼女と唐紫海の間で、それは同じではないようです!
「私は、そのような普通の場所が大きなホテルを食べないというそのような趣味があるとは思っていませんでした。私は以前は少し無知だったようです!」

花嫁のを作ることができるという自信がありません!


咲希が今日この場所を選んだ理由は、颯真がそれを好む理由を知っているからです。しかし、今日この食事を食べた後、彼は本当にこの場所について考えを変えました!あなたがより少ないお金を使うなら、あなたはおいしい食べ物を食べることができないと誰が言った!
「ええ、私はよくここに来ました。このお店はおいしくてとても清潔です!少なくとも、食べた後は面倒なことではありません!」

「他の場所に行って食事をし、おなかがすいたというのはどういう意味ですか?」
そのような絵を考えて、咲希はそれがまたおかしいと感じ、そしてそれは悩んでいました!蘇家の顔はやや赤くなっていません。
彼女はほとんどどこかで試してみたいと思っています、そしてそれは必然的にあまりにもきれいでない店に遭遇するでしょう!そして彼女の胃は、清潔でないものを食べている限り、普通の人とは多少異なるようですが、間違いなく下痢するでしょう!しばらくの間でも彼女はこの能力を持っていることを知っているので、そして食べに行きたいと思っている学生のグループは、過去に直接颯真を連れて行きます!とにかく、颯真が一度この健康探知機を食べた限り、彼らは自然にそこに衛生状態を知っています、そして、彼らは資格がありません!
彼女の顔の表情は大きく変わった。
そして、そのような長い間、琉生は自然にそれほど幸運になることはありません、問題がないたびに、下痢は暗闇に引っ張られ、状況もあります!時間が経てば、颯真は自然にこれ以上自分自身を虐待することはなくなり、それはまた検証されて問題がない場所にもなります。彼女と咲希が今いるところは、こんな感じです!実際、颯真は知りませんでした、咲希は彼女をよく訪ねた家に連れて行きました!真実によると、唐紫海はそれを知るべきではありません!それほどスマートになるのはとても難しいです。
「なぜ、この質問に答えるのはそれほど難しいのですか?」

咲希は彼が質問をしたことを知った後、颯真は質問に答えなかった代わりに、彼は瞑想しているようでした!それは彼が今抱えていた問題です、それはとても難しいですか?それでも、彼は琉生に良い思い出ではないものに触れましたか?
彼女は女の口から颯真の胃があまり良くないようであることを知っていますそれが起こる前に私はそのようなことがあったはずです!
「量は、何も、何もない!要するに、この店は大丈夫です!」
颯真は咲希の言葉を聞いて神に戻ってきましたが、彼女が今考えていたことは言うまでもなく自然なことではありませんでした。咲希も颯真の顔に束縛を見ました、そして、あまり尋ねませんでした!
「あなたが好きなら、私たちはここに頻繁に来ることができます!あるいは、あなたはより良い場所のいくつかを探検することができます!」
咲希は、颯真が一部の食品用に特別に作られていることを知っています。

結婚相手は長い間単純な心を占めていて

咲希はまだ自分自身を表現する段階にあることができます当然のことながら、標準として颯真を取る必要があります。
「あなたは私を美食家として笑っています!」
琉生は咲希の言葉を聞き、無力に微笑んだが、彼女はこの文章には何の意味もないと言っていた。とにかく、彼女が食べたものは自分で盗まれませんでした。なんて残念だ!
「どうやって来るの?どうやってそう思う?それは食べるのが好きなのはいいことだ、私も好きだ!将来的には、私たちは一緒にいることができる!」

咲希のドームは、それが嫌いではないとしか言いようがありません。それが食べ物だと言うのは少しやり過ぎですが、今は彼の前にいます!もちろん、颯真が好きなもの、彼が好きなもの!

颯真は咲希の言葉を聞き、彼を見て微笑みました。給料を支払うためにウェイターに電話をするとき、彼が咲希が再び彼女をつかみたいと思うのを恐れていたかのように、颯真も咲希を故意に破壊しました!しかし、今回は彼女は本当にサソリでした、そして、咲希は彼女をつかむという考えを持っていませんでした。彼が本当に颯真を奪った場合、彼がそれができなかったら彼は本当に怒っているだろうことは彼は非常に明確です!
颯真を怒らせるのは、彼が絶対にそれをしないということです!さらに、彼は以前にここですでに消費のレベルについて尋ねました、そしてそれは本当に彼の想像をはるかに下回っています!したがって、二人の消費は琉生に大きな圧力をもたらすべきではありません、それは咲希が琉生と競合しなかった理由の一つです。注文の購入を風刺した後、琉生はリラックスしていると考えられています!最後に、彼女が負っている食事はついに心の中に戻ってきました、そして私はもうこのことを続ける必要はありません!颯真は彼の心の中で快適です、しかし咲希が颯真が彼の心の中で考えるものを知っているならば、私は私が泣きたいのではないかと思います!


彼女の顔の表情は大きく変わった。 少し検討したところ 顔は自然に極端に醜いです