花嫁のも一緒にいたいと思っていましたが

あなたの心には、このように私を見ているようです。この表情、私は私の同僚に驚きました!これは最高です!このばかげた少女は、実際には追求を認識していません!見て、人々が颯真が出てくるのを見るとき、彼らは花のように笑います、そして、彼らは明らかに颯真が死ぬのが好きです!
「なんで、チョコレートの持ち主がやってくるの?」
それを助けることができない、私の同僚は蘇嘉をいじめることを望んでいる。案の定、彼女がこの文章を書き終えた後、彼女は颯真の顔が赤と赤になるしか仕方がないことを知り、答えは準備ができていた。

「大丈夫、大丈夫、あなたをからかってはいけません。急いでみんなを見て、急いでください!」
同僚が話したところ、彼は颯真を怒鳴ったので、この文を終えても颯真はまだ動かないとは思わず、颯真を直接咲希の地位に連れて行きました。行きます。彼らの両方が咲希の前に立つまで、同僚は颯真を連れて行き、立ち止まりました。
「あなた、こんにちは、あなたはベストを迎えるためにここにいます!私はあなたに彼女をあげるでしょう!」

咲希は、これが彼が特別に購入して海外に持ち帰ったものであるとは言いませんし、ブランドの好みを選ぶことにさえ多くの考えを費やしました!それを与えた友人はどこにいるのでしょう。
ありがとう、ありがとう
それはありがとうに加えて、琉生は何を言うべきかわからないようです!しかし、このチョコレートは本当に彼女が好きなものです!それについて考えてください、私の心には少し興奮があります、私は今それを試すのを待つことができません!

「あなたはそれほど丁寧である必要はない、あなたはそれが好きです!」
琉生の声を聞いて、咲希がぶら下がっていたという心はついにフラットに戻ったようです、と呼んで!
「そうですね、そうだとすれば、今夜私はあなたを夕食に招待します!」

実際、颯真は、咲希が同意すれば気持ちを返すだろうと気軽に言いました。結局のところ、人々がこのように借りるのは良いことではないようです!しかし、颯真は、咲希の反応がそれほど速くなるとは予想しておらず、彼女の声はまだ落ちていないと感じ、電話から咲希の声を聞いた。

「さて、それでは仕事から迎えに行きます!」
私はすでにこの準備をしましたが、咲希の素早い反応を聞いた後、颯真はまだ驚きました!
じゃあ、仕事中に会いましょう!
颯真は電話を切っています、そして、まだ何人かが戻ってこないと感じます!
前回から、咲希は少し変わったように見えます。まるで彼女が以前に知っていた咲希とは違うかのようです。ただ、奇妙な場所がどこにあるかを彼女に具体的に言わせてください。こんにちは。。。。。。颯真が電話を切るのにそれほど時間はかかりませんでした彼は同僚の口の中で奇妙な声を聞き、彼が頭を向けたとき、彼は同僚が自分自身を見つめているのを見ました。
「私はそれが追求者であると言いました。あなたはまだそれを認めません。ねえ、私と一緒にいるどんな謎です!私はあなたを奪うことはありません!」

同僚はぞっとするような表情で言った、しかし彼女の顔はもっとゴシップであり、そして悪い考えはない。私は追求者ではなく、普通の友達ではないと言っています。咲希のような人はどうすれば彼女の追求者になれるでしょうか。

離婚であっても彼が新郎と


彼のような人々はおそらく人々を好きになる方法を知らない!もっと彼女を追求することはありません!彼はどのような女性を望んでいますか、そしてそれらの人々は彼の前に並んで彼に選択させるでしょう!
「ああ、大丈夫、普通の友達は普通の友達です!ほとんどのカップルは普通の友達から開発されたものではありません。ああ、私はすべてを知っています!」
あなたは本当に十分です。私はあなたに言うことはありません!とにかく、あなたはこのチョコレートを食べたくない!
「おお、これをしないで、私に作品を味わわせましょう!私は黙ることができません、私は何も言いません!」

同僚が颯真が彼女を脅かすためにチョコレートを取ったと聞いたとき、彼女の顔はすぐに何よりも速くなりました。しかし、彼女がようやく颯真の口からチョコレートを手に入れた後、彼女はまだ感じました。そんなおいしいチョコレートを送ることができるだけでなく、それは追求者ではないと言った!ああ、彼女はそれを信じていない!仕事の後、颯真は物をまとめて同僚と出かけました。会社の建物のすぐ外で、私は咲希が車の前に立って笑顔で彼女を見ているのを見ました。颯真が咲希を見たとき、彼は立ち止まりました。彼女の周りの同僚は、颯真が止まっているのを見たときに不思議に感じ、颯真が正面を見ているときに彼らは咲希の位置にある颯真の位置に従いました。


少し地面に倒れました!
あなたの心には、このように私を見ているようです。この表情、私は私の同僚に驚きました!これは最高です!このばかげた少女は、実際には追求を認識していません!見て、人々が颯真が出てくるのを見るとき、彼らは花のように笑います、そして、彼らは明らかに颯真が死ぬのが好きです!
「なんで、チョコレートの持ち主がやってくるの?」
それを助けることができない、私の同僚は蘇嘉をいじめることを望んでいる。案の定、彼女がこの文章を書き終えた後、彼女は颯真の顔が赤と赤になるしか仕方がないことを知り、答えは準備ができていた。

「大丈夫、大丈夫、あなたをからかってはいけません。急いでみんなを見て、急いでください!」
同僚が話したところ、彼は颯真を怒鳴ったので、この文を終えても颯真はまだ動かないとは思わず、颯真を直接咲希の地位に連れて行きました。行きます。彼らの両方が咲希の前に立つまで、同僚は颯真を連れて行き、立ち止まりました。
「あなた、こんにちは、あなたはベストを迎えるためにここにいます!私はあなたに彼女をあげるでしょう!」

花嫁の限定版を実際に見たのですが

私たちの家族をいじめてはいけません!咲希は2人の人々を見て、彼らと向き合うようになった、そして少し驚いた。しかし、この人の言葉を聞いた後、私の心はすぐにほっとしました、そして、颯真の側を見た人の目もまたずっと良くなりました。この才能は人々を理解すると呼ばれています!いい、いいね!相手が将来何かに遭遇した場合、彼は間違いなく助けることができます!
「心配しないで、どうすれば彼女をいじめられるのか!」
咲希と彼の同僚の颯真はこの文章を話しました話の後、すべての観光スポットが颯真を見ました、そして彼の顔の笑顔は以前よりさらに明るかったです!
「さて、私はデートに迷惑をかけることはありません。さようなら、頑張って、明日お会いしましょう!」

その後、私の同僚はすぐに出発し、遅れることはありません!案の定、私は中国の同僚です!颯真は彼の同僚を見て、彼の手を振って咲希を見に向きを変えました。そしてこのターン、琉生はちょうど咲希が無知な顔の表情で自分自身を見ているのを見ました。蘇嘉は、唐結衣、この反応は何ですか、彼女を見てなぜそんなに奇妙なのですか?それは不可能ではないでしょう、唐結衣はどのように彼女を好きになることができますか?彼は明らかにご飯を食べに来たばかりです!
行こう!

唐子は颯真が考えていたことを見ることはできませんが、少なくとも彼はまだ颯真の心が現時点で落ち着いていないことを見ることができます!あなたが落ち着いていない場合、あなたは彼が彼に直面したとき琉生はあまりにも静かになることを恐れているので、それは良くありません!飲み込む、琉生は唯一の車で唐結衣を見ることができ、うなずいた、唐結衣に続いて。彼女はまた、彼らが尋ねたときに会社の同僚が見ているのを待っている、会社のドアのところで咲希の2人の人と一緒に立ちたくありませんでした。しかし、咲希の車に行った後でも、颯真はまだ躊躇することができませんでした。
「それは、突然ちょっと変だと思います」

ええ、どうしたの?

運転していた咲希は、颯真が突然そのような文を言うことを期待しなかった。颯真の言葉は咲希の想像と完全には一致していませんが、結局のところ、彼が非常に奇妙だと言うのは良い評価ではありません!まさしく、方向を変えると、これはまた颯真が今彼について非常に心配していることを示しているので、彼は彼の気持ちを変えます!これは素晴らしいことです。

「あなたは明らかに悠真が言ったような種類です、プレイボーイ、ゲームの世界です!しかし、最近あなたが私に費やした時間は多すぎるのでしょうか。食事は私たちの予約注文ですが、そうする必要はありません。会社の玄関に行って私を迎えに行きます!そして、このようなチョコレートを送るのはちょっと恥ずかしいです!あなたが何かをしようとしているようには見えません!」

「一緒に食べよう、私はあなたを迎えに来ます、もちろんそれは問題ではないはずです!なぜチョコレートを送るために私がやることになるのではないのでしょうか。」


少し地面に倒れました! 婚約者の新郎の顔は見苦しくないが 少し検討したところ